VES

VES

〜VESサービス内容とご契約プラン〜

blog

2020.06.14

〜VESサービス内容とご契約プラン〜

  VESsutanded plan 確定

↑ここをクリック

VESとご契約いただいた病院様にご提供する内容について

 

Facebook内でも、かなりのボリュームの情報量が得られます。さらに麻酔に興味のある獣医師・動物看護師が集まっているので、グループ内の議論がまた面白いです!

 

皆さんの日頃の疑問は匿名で承り、数日以内にはお返ししています。石塚だけでなく、複数の麻酔専門家の意見が聞ける貴重な場であることは間違いなしです。

 

質問ってしにくいですよね・・・わかります。自分の質問に自信が持てないなんてこともあります。

 

その不安を解消するために質問は匿名にしています!VESでレベルアップして、自信がつけば匿名なしでいつでも質問や討論に加わってください!ご自身の成長も実感できると思います。

 

また、登録者様限定のFacebookライブ配信も年2回実施します!もちろん無料です!!

 

今後は麻酔集中治療だけでなく、画像診断、内科全般など、専門家のセミナーも増えていきますので、楽しみにしていてください!

   

VESは、楽しく学んで、それを実臨床に結び付けるインプットとアウトプットの場を最大限提供することを目標としています。

 

つまり、

座学と実践の差を埋める教育の場を作ることを目指しています!

   

#動画コンテンツ

#実例紹介

#論文紹介

#Facebookの秘密コミュニティー

#気まぐれ投稿

#今日の呟き

#Facebook無料ライブセミナー

#複数の専門家所属

#麻酔集中治療以外も学べる

#質問し放題

#日頃の疑問解決できる

       

オンラインサロン

新着記事

第80回 感染からの臓器傷害はなぜ起きる...

感染症から臓器傷害のメカニズムは     血管内皮障害からの微小循環不全     が基本にありますが、   もう一つの経路も存在します   それが、     微小血栓形成       です   ……

第79回 感染からの臓器傷害はなぜ起きる...

久しぶりの投稿ですね   今回は     身近に潜む感染症からの臓器傷害について考えてみようと思います     結論から言えば、     「血管内皮障害による微小循環不全」     に集約されます   では、どのようにして血管内皮が……

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

第76回 感染症=発熱?, 発熱=感染症...

発熱は厄介な問題です。 なぜか? 感染症では発熱が重要な症状ですが、発熱しているからといって感染症があるとは言えないからです。 でも何となく入院中の動物が発熱したら、しかもそれが手術後だったら? 「感染していたらどうしよう・・・」 となるのが我々の心理ではないでしょうか?            ……

オンラインサロン パワーアップ!...

  日頃よりVESのホームページをご覧いただきありがとうございます!   VESは麻酔集中治療を学んでいきたい獣医師の先生や動物看護師の方とオンラインサロンを運営しています。   現在、病院および個人含めて約100名の方が麻酔や集中治療に関する情報を共有しています。   VESがご提供しているものは     ……

第80回 感染からの臓器傷害はなぜ起きる...

感染症から臓器傷害のメカニズムは     血管内皮障害からの微小循環不全     が基本にありますが、   もう一つの経路も存在します   それが、     微小血栓形成       です   ……

第79回 感染からの臓器傷害はなぜ起きる...

久しぶりの投稿ですね   今回は     身近に潜む感染症からの臓器傷害について考えてみようと思います     結論から言えば、     「血管内皮障害による微小循環不全」     に集約されます   では、どのようにして血管内皮が……

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

NEWS

view more