VES

VES

第32回 左室と動脈の関係性について(獣医麻酔集中治療)

blog

2020.05.04

第32回 左室と動脈の関係性について(獣医麻酔集中治療)

以前のブログ第21~23回で後負荷を急激に上げた場合と題してお話しましたが、具体的な臨床例を挙げていきたいと思います。

 

これは、若い症例と老齢の症例で考えることは実は変わってくると思います。

 

過去の第21~23回も参照ください。

   

左室と大動脈のカップリング

 

ようは、心収縮と心後負荷のバランスが正常心では取れており、この二つのバランスが完全にイコール(カップリング)のときに一回仕事量が最大になることがわかっています。

       

ここでもう一度、PV loopを見てみましょう!

   

一回仕事量(SW)はloopの面積と相関する。というか面積を求めた値がSWである。

 

正常心においてはEa=ESPVR(Ees)となる。つまり、左室の収縮と後負荷がイコール(カップリング)ということである。

 

このように正常心では左室と動脈はカップリングしており、この状態で一回仕事量が最大となることがわかっています。

 

なんとこれは犬を用いた研究で証明されています。

 

それが下の図です。

      Am J Physiol 261:H70-H76,1991より引用改変

ただ、どのようなカップリングが心臓にとって良いのかはわかっていないようです。

 

では、次にこちらの図をご覧ください。

   

 

オレンジのSWをご覧ください。

   

左は健常な若い心臓ですが、血管の硬さEaに対して一回仕事量が最大となるように、Ea=Eesカップリングができています。

     

右は高齢者などの心臓ですが、左室機能が正常であればEes=Eaカップリングが崩れておらず、加齢で硬くなった血管に対して、仕事量を維持するためにEesを増加させてカップリングを維持しています。ちなみにこのEes(収縮)の増加は交感神経亢進だそうです。

   

老齢の心疾患を持つ動物でも、左室機能が保たれていれば交感神経亢進によってSWは維持されていますが、麻酔薬によって、この交感神経系が抑制されると(吸入麻酔、オピオイドなど)、このカップリングは崩れるため、この状態で血管収縮薬を投与した場合は、ある程度のダメージは避けれませんね。

     

前負荷を増加させた場合が、赤のPV loopですが、高齢の場合、左室拡張末期圧も前負荷の影響で高くなりやすいので、輸液にしても昇圧にしても注意が必要ですね。

   

高齢者の心臓は若者と比較すると、その仕事量が大きいのですね。ただでさえエネルギー負荷が大きい心臓に対しては、昇圧剤の使い方が本当に難しいですね。

新着記事

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

第76回 感染症=発熱?, 発熱=感染症...

発熱は厄介な問題です。 なぜか? 感染症では発熱が重要な症状ですが、発熱しているからといって感染症があるとは言えないからです。 でも何となく入院中の動物が発熱したら、しかもそれが手術後だったら? 「感染していたらどうしよう・・・」 となるのが我々の心理ではないでしょうか?            ……

オンラインサロン パワーアップ!...

  日頃よりVESのホームページをご覧いただきありがとうございます!   VESは麻酔集中治療を学んでいきたい獣医師の先生や動物看護師の方とオンラインサロンを運営しています。   現在、病院および個人含めて約100名の方が麻酔や集中治療に関する情報を共有しています。   VESがご提供しているものは     ……

第75回 循環管理に必要な基礎知識③...

<症例②>   一般状態良好な猫、10歳齢   片側乳腺全摘出術を実施   血液検査所見:BUN34, Crea1.8であり、BCS2   術前血圧180/110(132)   痛みの程度:重度   予想される手術時間:90分     ~麻酔プロトコール~   ブプレ……

第74回 循環管理に必要な基礎知識②...

まず大前提の復習として、   血圧について考えてみます     血圧=心拍出量×全身血管抵抗     です   そして、 心拍出量=心拍数×一回拍出量 であり、 一回拍出量は ①前負荷 ②後負荷 ③収縮力 で規定されています     <……

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

第76回 感染症=発熱?, 発熱=感染症...

発熱は厄介な問題です。 なぜか? 感染症では発熱が重要な症状ですが、発熱しているからといって感染症があるとは言えないからです。 でも何となく入院中の動物が発熱したら、しかもそれが手術後だったら? 「感染していたらどうしよう・・・」 となるのが我々の心理ではないでしょうか?            ……

第75回 循環管理に必要な基礎知識③...

<症例②>   一般状態良好な猫、10歳齢   片側乳腺全摘出術を実施   血液検査所見:BUN34, Crea1.8であり、BCS2   術前血圧180/110(132)   痛みの程度:重度   予想される手術時間:90分     ~麻酔プロトコール~   ブプレ……

NEWS

view more