VES

VES

第59回 獣医麻酔集中治療:腎臓を丸裸にしていみる③

blog

2020.05.21

第59回 獣医麻酔集中治療:腎臓を丸裸にしていみる③

近位尿細管についてです。

 

ん?前回もやりましたか?そうなんです。まだ終わってなかったのです笑

 

それだけなかなか強敵なんです。

      東京女子医科大学腎臓内科ホームページより引用改変いたしました  

近位尿細管で大切なのはNHE3細胞であって、いわゆるナトリウムを吸収する機能を持つ細胞である。

 

Naと同時にHCO3を吸収する。

 

これによって多くのHCO3が吸収されるため、血中のHCO3は維持される。

 

こことても大切です。

   

なぜなら、この先、集合管に到達するNa量が減少することで、集合管でのカリウムイオンと水素イオンの排泄障害が生じるため

高カリウムを伴ったアシドーシスへと進行します。

 

アシドーシスあるいはアルカローシスに関わっているところが集合管とかにあるA型間在細胞やB型間在細胞と呼ばれる部位です。

ここで最終調整が行われるというわけです。まぁ、このお話は・・・まだまだ先ですね笑

 

近位尿細管の血管側にはNa-K-ATPaseがあるほか、Na-HCO3共輸送体(NBC1)があり、ナトリウムや重炭酸は体内へ再吸収されるのです。

厳密に考えたい人は、

このHCO3が直接細胞内に入るわけないじゃんと思ったかもしれませんね。

そうなんです。実際には、重炭酸は炭酸脱水素酵素によって分解されて二酸化炭素の形で細胞内に入ります。

そうすると細胞内のH2Oと反応してHCO3が産生されることで細胞内に入っていくわけですね!

 

もうすぐ近位尿細管は終わります!

 

え?まだあるの?ここから先は覚えなくても大丈夫です笑

 

用語だけでも聞きたい人は、グルタミン脱アミノ化反応という言葉だけ頭の片隅に置いておいてください。

 

では、少しだけ説明します。

 

これはアシドーシスが進行した際に亢進するとされていて、ようは体からNH4の形で尿中に水素イオンを排泄させるというメカニズムです。これにはグルタミンが関わっているようで、血液中から細胞内にグルタミンが移動し、グルタミン酸からNH4が産生され、尿細管側に排泄される機構も存在します。

 

お疲れさまでした。

次はようやくヘンレループについてです!

それじゃ、また!

新着記事

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

第76回 感染症=発熱?, 発熱=感染症...

発熱は厄介な問題です。 なぜか? 感染症では発熱が重要な症状ですが、発熱しているからといって感染症があるとは言えないからです。 でも何となく入院中の動物が発熱したら、しかもそれが手術後だったら? 「感染していたらどうしよう・・・」 となるのが我々の心理ではないでしょうか?            ……

オンラインサロン パワーアップ!...

  日頃よりVESのホームページをご覧いただきありがとうございます!   VESは麻酔集中治療を学んでいきたい獣医師の先生や動物看護師の方とオンラインサロンを運営しています。   現在、病院および個人含めて約100名の方が麻酔や集中治療に関する情報を共有しています。   VESがご提供しているものは     ……

第75回 循環管理に必要な基礎知識③...

<症例②>   一般状態良好な猫、10歳齢   片側乳腺全摘出術を実施   血液検査所見:BUN34, Crea1.8であり、BCS2   術前血圧180/110(132)   痛みの程度:重度   予想される手術時間:90分     ~麻酔プロトコール~   ブプレ……

第74回 循環管理に必要な基礎知識②...

まず大前提の復習として、   血圧について考えてみます     血圧=心拍出量×全身血管抵抗     です   そして、 心拍出量=心拍数×一回拍出量 であり、 一回拍出量は ①前負荷 ②後負荷 ③収縮力 で規定されています     <……

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

第76回 感染症=発熱?, 発熱=感染症...

発熱は厄介な問題です。 なぜか? 感染症では発熱が重要な症状ですが、発熱しているからといって感染症があるとは言えないからです。 でも何となく入院中の動物が発熱したら、しかもそれが手術後だったら? 「感染していたらどうしよう・・・」 となるのが我々の心理ではないでしょうか?            ……

第75回 循環管理に必要な基礎知識③...

<症例②>   一般状態良好な猫、10歳齢   片側乳腺全摘出術を実施   血液検査所見:BUN34, Crea1.8であり、BCS2   術前血圧180/110(132)   痛みの程度:重度   予想される手術時間:90分     ~麻酔プロトコール~   ブプレ……

NEWS

view more