VES

VES

第65回 獣医麻酔集中治療 先制鎮痛再考してみた!

blog

2020.07.07

第65回 獣医麻酔集中治療 先制鎮痛再考してみた!

そもそも先制鎮痛の歴史は意外と長い。

   

「切皮時に痛がらせると、術後も痛がる。だから痛みが生じる前に痛みに対処する」

     

まぁ、当然のような気もする。

 

まず、先制鎮痛の前に、麻酔科医以外は、鎮痛に関して鈍感である。

   

私の知り合いの動物看護師さんは、犬好きで自分の犬が痛い思いしたり、辛いことには遭遇させたくないくらい溺愛している。

 

そんな彼女の犬が避妊手術を受けることになった。

   

動物看護師ということもあって、手術後、家に犬と帰宅したそうなのだが、痛がっている・・・動かない・・・ずっとうずくまって寝ている・・・

   

もちろん動物病院では鎮痛剤も処方され、オーナー様にも鎮痛をしっかりやっていますと伝えてあるし、聞くと鎮痛薬の選択も悪くはない。ただ、痛がっている。

 

この溺愛しているオーナー様の動物看護師は、何を思ったか?

   

→手術の後だから痛くて仕方ないよね。このくらいはどうしようもない

   

そう思っていたようだ。

 

ある日、大学病院に避妊手術をすることになった症例が来院した。大学ではとても少ないが、まれにある。

 

私が麻酔をすることになり、麻酔開始した。

 

手術もすぐ終わり、覚醒。

 

30分後には症例は起き上がり、自分の足でスタスタと歩いていた。

 

それを見た、動物看護師は愕然としていた。

 

なんで、痛がっていないのですか?なぜ歩けるのか?

   

私からすると逆に不思議だ。なぜ、そんなに痛がる?

   

認識は怖い。おそらく多くのオーナー様が経験しているはずだ。

 

VESはこの常識を変えていきたい。

 

次回は、先制鎮痛について解説していきます。

新着記事

第72回 麻酔集中治療医が考える膵炎⑧...

〇輸液投与速度がグリコカリックスに及ぼす影響   近年は輸液最適化を目指した輸液戦略のため様々なプロトコールが提示されており、医療では目標指向型輸液管理が重要視されている。これは大量輸液による合併症が数多く報告されたことによるが、輸液のボーラス投与もグリコカリックスの脱落を引き起こすことが知られている。犬を用いたSmartらの出血性ショックにおける研究では、大量晶質液投与がグ……

第71回 麻酔集中治療医が考える膵炎⑥...

【輸液製剤がグリコカリックスおよび微小循環に及ぼす影響】   急性膵炎の治療に関してコンセンサスが得られているものは輸液であり、治療の中心的役割を果たすと考えられている。 もちろん臓器に血液を供給することが大切なので、輸液だけで血行動態が保てなければ昇圧薬を使うこともある。   循環血液量が減少しているので、まずは細胞外液として生理食塩水やリンゲルなどを使用す……

第70回 麻酔集中治療医が考える膵炎⑤...

【微小循環とグリコカリックスの関係】   重症な急性膵炎を治療する中で輸液治療をするも症状が改善しない症例や、血圧などのバイタルサインは安定するものの、重度の代謝性アシドーシスが改善しない症例、消化管が全く動いておらず消化管内に多量の液体貯留を生じている症例などがいる。 これらの症例ではグリコカリックスが脱落することでマクロ循環が崩れ、微小循環に影響を及ぼしていると推察して……

第69回 麻酔集中治療医が考える膵炎④...

【血管内皮グリコカリックス】   血管内皮表面にはグリコカリックスとよばれる構造体が存在しており、血管内腔表面には、厚さ100 nm程度のゲル状の層が存在する。このグリコカリックスがsmall pore systemという水と溶質の血管内外の移動に関わるシステムの主体であることがわかった。アルブミンの直径が6-7 nmほどであり、グリコカリックスのふるい効果の閾値は7-8 n……

第68回 麻酔集中治療医が考える膵炎③...

【膵炎(炎症)が全身循環(マクロ)および微小循環(ミクロ)に及ぼす影響】   急性膵炎による微小循環の病態生理学的変化を示す。 Cuthbertson CM and Christophi C. Disturbances of the microcirculation in acute pancreatitis. British Journal of Surgery; 2006;……

第67回 麻酔集中治療医の考える膵炎②...

【そもそも微小循環とは?】 心臓から拍出される血液によって、酸素や二酸化炭素のガスほかに栄養・老廃物、ホルモンなどの生理活性物質が輸送される。 ヘモレオロジーと呼ばれる学問の観点から血管系は、管径5㎛から32mm、流速が0.5から630mm/s、レイノルズ数が0.0007の毛細血管から6000の大動脈まで幅広い範囲を有している。 管径が100㎛以下の血管系を流れる血液を微小循環と呼び、細胞の……

第72回 麻酔集中治療医が考える膵炎⑧...

〇輸液投与速度がグリコカリックスに及ぼす影響   近年は輸液最適化を目指した輸液戦略のため様々なプロトコールが提示されており、医療では目標指向型輸液管理が重要視されている。これは大量輸液による合併症が数多く報告されたことによるが、輸液のボーラス投与もグリコカリックスの脱落を引き起こすことが知られている。犬を用いたSmartらの出血性ショックにおける研究では、大量晶質液投与がグ……

第71回 麻酔集中治療医が考える膵炎⑥...

【輸液製剤がグリコカリックスおよび微小循環に及ぼす影響】   急性膵炎の治療に関してコンセンサスが得られているものは輸液であり、治療の中心的役割を果たすと考えられている。 もちろん臓器に血液を供給することが大切なので、輸液だけで血行動態が保てなければ昇圧薬を使うこともある。   循環血液量が減少しているので、まずは細胞外液として生理食塩水やリンゲルなどを使用す……

第70回 麻酔集中治療医が考える膵炎⑤...

【微小循環とグリコカリックスの関係】   重症な急性膵炎を治療する中で輸液治療をするも症状が改善しない症例や、血圧などのバイタルサインは安定するものの、重度の代謝性アシドーシスが改善しない症例、消化管が全く動いておらず消化管内に多量の液体貯留を生じている症例などがいる。 これらの症例ではグリコカリックスが脱落することでマクロ循環が崩れ、微小循環に影響を及ぼしていると推察して……

第69回 麻酔集中治療医が考える膵炎④...

【血管内皮グリコカリックス】   血管内皮表面にはグリコカリックスとよばれる構造体が存在しており、血管内腔表面には、厚さ100 nm程度のゲル状の層が存在する。このグリコカリックスがsmall pore systemという水と溶質の血管内外の移動に関わるシステムの主体であることがわかった。アルブミンの直径が6-7 nmほどであり、グリコカリックスのふるい効果の閾値は7-8 n……

NEWS

view more