VES

VES

第69回 麻酔集中治療医が考える膵炎④

blog

2020.07.23

第69回 麻酔集中治療医が考える膵炎④

【血管内皮グリコカリックス】

 

血管内皮表面にはグリコカリックスとよばれる構造体が存在しており、血管内腔表面には、厚さ100 nm程度のゲル状の層が存在する。このグリコカリックスがsmall pore systemという水と溶質の血管内外の移動に関わるシステムの主体であることがわかった。アルブミンの直径が6-7 nmほどであり、グリコカリックスのふるい効果の閾値は7-8 nmと言われている。グリコカリックスは陰性に荷電しているためにcharge filterとして働くだけでなく、size filterとしての役割も存在する。

 

主に以下の4つの機能を持つ。

   
  • Shear stress関連の血管内皮細胞機能維持

  • 血管透過性制御

  • 止血凝固機能制御

  • 抗炎症作用

血管透過性に関しては、Starling式が実験での測定結果と理論値が合致しないことに対する疑問があった。

電子顕微鏡の固定法が進歩したことにより、血管内皮細胞管腔側のグリコカリックスの全貌が明らかになるにつれ、グリコカリックスが血管透過性に深く関与していることが明らかとなった。

これにより、間質膠質浸透圧のかわりに、グリコカリックス直下の膠質浸透圧を用いて、Starling式が改訂された。

これにより、以下の項目が臨床的に重要となる。

   
  • 血管内容量にグリコカリックス容量が加わった

  • 膠質浸透圧による血管内への水の移動は否定され、間質から血管内への水の移動は、リンパ管を介して行われる

  • 等張電解質輸液(細胞外液補充液)であっても、血管内ボリュームが少ない、すなわち静水圧が低い状態では、血管内に留まる

臨床的に重要となるのはグリコカリックスが血管内皮細胞機能維持と血管透過性維持効果を有することである。つまり、グリコカリックスが傷害されると血管透過性が増加し、血管外漏出が生じ、血管内ボリュームの減少を引き起こすということである。言い換えれば、グリコカリックスの有り無しで水分の流出は大きく変わるということである。つまり膵炎によりグリコカリックスが傷害された結果、全身循環に異常をきたし、臓器血流を減少させる。また膵炎では消化器症状(嘔吐・下痢)による体液量の減少も臓器血流を減少させる要因になっていることが予想される。

新着記事

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

第76回 感染症=発熱?, 発熱=感染症...

発熱は厄介な問題です。 なぜか? 感染症では発熱が重要な症状ですが、発熱しているからといって感染症があるとは言えないからです。 でも何となく入院中の動物が発熱したら、しかもそれが手術後だったら? 「感染していたらどうしよう・・・」 となるのが我々の心理ではないでしょうか?            ……

オンラインサロン パワーアップ!...

  日頃よりVESのホームページをご覧いただきありがとうございます!   VESは麻酔集中治療を学んでいきたい獣医師の先生や動物看護師の方とオンラインサロンを運営しています。   現在、病院および個人含めて約100名の方が麻酔や集中治療に関する情報を共有しています。   VESがご提供しているものは     ……

第75回 循環管理に必要な基礎知識③...

<症例②>   一般状態良好な猫、10歳齢   片側乳腺全摘出術を実施   血液検査所見:BUN34, Crea1.8であり、BCS2   術前血圧180/110(132)   痛みの程度:重度   予想される手術時間:90分     ~麻酔プロトコール~   ブプレ……

第74回 循環管理に必要な基礎知識②...

まず大前提の復習として、   血圧について考えてみます     血圧=心拍出量×全身血管抵抗     です   そして、 心拍出量=心拍数×一回拍出量 であり、 一回拍出量は ①前負荷 ②後負荷 ③収縮力 で規定されています     <……

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

第76回 感染症=発熱?, 発熱=感染症...

発熱は厄介な問題です。 なぜか? 感染症では発熱が重要な症状ですが、発熱しているからといって感染症があるとは言えないからです。 でも何となく入院中の動物が発熱したら、しかもそれが手術後だったら? 「感染していたらどうしよう・・・」 となるのが我々の心理ではないでしょうか?            ……

第75回 循環管理に必要な基礎知識③...

<症例②>   一般状態良好な猫、10歳齢   片側乳腺全摘出術を実施   血液検査所見:BUN34, Crea1.8であり、BCS2   術前血圧180/110(132)   痛みの程度:重度   予想される手術時間:90分     ~麻酔プロトコール~   ブプレ……

NEWS

view more