VES

VES

オンラインサロン パワーアップ!

blog

2020.09.10

オンラインサロン パワーアップ!

 

日頃よりVESのホームページをご覧いただきありがとうございます!

 

VESは麻酔集中治療を学んでいきたい獣医師の先生や動物看護師の方とオンラインサロンを運営しています。

 

現在、病院および個人含めて約100名の方が麻酔や集中治療に関する情報を共有しています。

 

VESがご提供しているものは

   

○症例情報

○論文情報

○呟き

○気まぐれ投稿

○症例の質問受付(即日返信は基本していません)

○サロンメンバー疑問なんでも解決

○獣医師および動物看護師講義動画配信

となっています。

またVES主催セミナーはすべて無料で聴講できます。

今後、

・救急セミナー

・画像診断セミナー(決定)

・医師の先生によるICUセミナー

を企画しています。

さらに、

2か月に1回のペースで「症例検討会」をやっていきたいと思います!

なぜ、麻酔集中治療を専門とする石塚が会社を作る時に、「麻酔」とか「集中治療」という言葉を会社にいれなかったのか?

なぜVeterinary Education Serviceにしたのか、それは麻酔集中治療だけでなく、ほかの分野も今後カバーするつもりがあったからです。私の中で、コロナウイルスは予定外でしたが、オンラインが加速することは明らかでした。

そうなると、様々なところでオンラインセミナー(現在大変なことになっていますね)が開催されたり、オンラインサロンを運営される方が増えてくると思っていました。

そうなると、何を選べばよいのか、または各分野でお金を払うことになり、情報の取捨選択をする手間がかかると思ったのです。

そこで、麻酔集中治療をメインに学べるサロンにしつつも、各専門家に声をかけ、様々な分野のセミナーをVESが開催してしまえばよいのではないかと考えたのです。

そのため、VESにはanesthesia, critical care, intensive careなどの文言が入っていません。

どうでも良い話をしてしまいました笑

   

このサロン運営、本当に楽しいです!なんだかんだほぼ毎日、情報発信やコメントをしている気がします笑

   

もちろんオンラインサロンは有料です。それもそれなりに価格設定高くしています。

それはなぜか?

       

一番の理由は、参加者の本気度です。

     

無料で情報提供するのは簡単です。しかし、その情報の解釈は人それぞれで、時に動物を危険にさらします。

そのため、私はVES以外のセミナーでは投与量や麻酔方法、具体的な投薬プランまでお話することがほとんどありません。

なぜなら危険であると思っているからです。

誰もが安心な麻酔や集中治療、できればそうしたいですが、もはや時代は変化し、獣医療も高度医療の時代がすぐそこまで来ています。

 

「餅は餅屋」

 

本気の方には本気の情報をご提供します。

それがVESのオンラインサロンの目的です。

具体的な収益に関しては、外部セミナー講師の講師料やサロンメンバーのセミナー費負担(VES主催)、動画配信サービス(Vimeo)年会費、ZOOM年会費、LINE公式アカウント月会費、動画編集やサロン運営にあたるスタッフへのお支払いなどに充てています。

念のために言っておきますが、石塚はオンラインサロンで得た収益には一切手を付けていません。

またどうでも良い話をしてしまいました笑

ぜひ一緒にいろいろ学んでいきたい方がいたら、ご連絡ください!または、オンラインサロンからお申し込みください!

オンラインサロン

新着記事

第80回 感染からの臓器傷害はなぜ起きる...

感染症から臓器傷害のメカニズムは     血管内皮障害からの微小循環不全     が基本にありますが、   もう一つの経路も存在します   それが、     微小血栓形成       です   ……

第79回 感染からの臓器傷害はなぜ起きる...

久しぶりの投稿ですね   今回は     身近に潜む感染症からの臓器傷害について考えてみようと思います     結論から言えば、     「血管内皮障害による微小循環不全」     に集約されます   では、どのようにして血管内皮が……

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

第76回 感染症=発熱?, 発熱=感染症...

発熱は厄介な問題です。 なぜか? 感染症では発熱が重要な症状ですが、発熱しているからといって感染症があるとは言えないからです。 でも何となく入院中の動物が発熱したら、しかもそれが手術後だったら? 「感染していたらどうしよう・・・」 となるのが我々の心理ではないでしょうか?            ……

第75回 循環管理に必要な基礎知識③...

<症例②>   一般状態良好な猫、10歳齢   片側乳腺全摘出術を実施   血液検査所見:BUN34, Crea1.8であり、BCS2   術前血圧180/110(132)   痛みの程度:重度   予想される手術時間:90分     ~麻酔プロトコール~   ブプレ……

第80回 感染からの臓器傷害はなぜ起きる...

感染症から臓器傷害のメカニズムは     血管内皮障害からの微小循環不全     が基本にありますが、   もう一つの経路も存在します   それが、     微小血栓形成       です   ……

第79回 感染からの臓器傷害はなぜ起きる...

久しぶりの投稿ですね   今回は     身近に潜む感染症からの臓器傷害について考えてみようと思います     結論から言えば、     「血管内皮障害による微小循環不全」     に集約されます   では、どのようにして血管内皮が……

第78回 感染以外の発熱?...

    ICUや術後では発熱と遭遇する機会が多く、常に感染以外の発熱を鑑別に考える必要がある。   術後発熱(通常48時間以内) 輸血 薬剤熱 静脈炎 膵炎 副腎機能不全 誤嚥性肺炎 ARDS 血栓症 消化管……

第77回 発熱の問題点?...

    発熱は生体防御反応と考えると、ではなぜ解熱剤が存在するのか、ちょっと考える必要がありますね。     〇酸素消費量の増加   〇末梢血管抵抗増大     をまず考える必要がある。     「体温1℃上昇するごとに酸素消費量は9%増加する」  ……

NEWS

view more