VES

VES

第23回『敗血症初期にノルアドレナリンはやばいのか⁉️』まとめ

evidence

2020.05.01

第23回『敗血症初期にノルアドレナリンはやばいのか⁉️』まとめ

獣医麻酔集中治療に関する論文の紹介です!

 

Permpikul C, Tongyoo S, Viarasilpa T, et al. Early Use of Norepinephrine in Septic Shock Resuscitation (CENSER) : A Randomized Trial. Am J Respir Crit Care Med. 2019 Feb 1.PMID: 30704260.

敗血症ショック初期で輸液とノルアドレナリン0.05μg/kg/minを併用してみた、という研究です👨‍🔬

ショック離脱割合

28日死亡率

臓器障害

などなど…

併用してもしなくてもこれらの項目に差はないとなっています🤔

敗血症ショックは、

血液分布異常性ショック+循環血液量減少性ショック

ですね☝️今のところの私の敗血症治療の認識としては、

酸素運搬量増やす→輸液、(強心)

血圧あげる→昇圧薬

なのですが、

病態に合わない昇圧薬の使用はCRT延長や四肢末端冷感、乳酸値上昇、血圧上昇しない、などおそらく症例の予後を悪化させます👿

今回の研究報告のポイントは、輸液蘇生と同時に昇圧薬を使用していることです💉

たしかに輸液単独で静脈圧を上げ、静脈還流量を増やすのはかなり難しいですが、ある程度の血管抵抗を上げてから輸液すると静脈圧を効率よく上げて静脈還流量を増やすことが可能です😊

Levick. An introduction to cardiovascular physiology, Hodder Amold,2010

しかもこの研究では、

ショック離脱時間が

早期ノルアド群 4:45

プラセボ群 6:02

p<0.001

となっており、ショックも早く改善ができるようです👏🏻

血圧低下持続時間が患者予後に影響を及ぼすことが認知され始めていることを考慮すると、ショックも早く離脱するのに異論はないと思われます👍✨

オンラインサロン

新着記事

第64回 獣医麻酔集中治療 若齢動物の麻...

  肝臓の機能     P450などのミクロソーム系は、生後3~4週で発達するようである   6週間もすると成年期の動物と同等の機能を有する   →基本的には肝臓代謝に依存しない薬物を使用する、あるいは拮抗薬のある薬剤ですね。     まあ、これは教科書にも書いてある基本的なところです。 ……

第38回『治らない発作をどうする🤔⁉️』...

あまり使用されない組み合わせのご紹介☝️     Ketamine-dexmedetomidine Combination and Controlled Mild Hypothermia for the Treatment of Long-Lasting and Super-Refractory Status Epilepticus in 3 Dogs S……

第37回『猫にバソプレシン使いました💉』...

「猫の治療抵抗性低血圧!ドパミン、ノルアド、ピトレシン使って離脱しました。そのあとに対称性皮膚壊死(SPG)を生じました」 FMS Open Rep. 2019 Suspected symmetrical peripheral gangrene in a cat. <トーク振り返り> 敗血症性ショックを離脱するために、   輸液 ドパミン:最大1……

第20回「周術期の腎保護について探ってみ...

獣医麻酔集中治療に関する論文の紹介です! 今回は腎保護、とくにドパミンってどうなの?🤔についてでした。 結局伝えたいことは、ドパミンそのものに腎保護作用は無いという事です❗️ 確かに腎血流増やすし、尿量も増やすけど、それだけでは腎保護にはならないということでしたね😊 基本的な作用は以下です。 1〜3μg/kg/min :ドパミン受容体による腎……

第24回『重炭酸ナトリウム(メイロン)は...

獣医麻酔集中治療に関する論文の紹介です! さて、今回はよく質問されて、悩む重炭酸ナトリウム(メイロン)についてでした! Sodium bicarbonate therapy for patients with severe metabolic acidaemia in the intensive care unit (BICAR-ICU): a multic……

第25回『HES製剤(ボルベン)は生理食...

獣医麻酔集中治療に関する論文のご紹介です!   Effect of Hydroxyethyl Starch vs Saline for Volume Replacement Therapy on Death or Postoperative Complications Among High-Risk Patients Undergoing Major Abdominal Su……

チャンスを知らぬ間になくさないために必要...

  チャンスの数=成功の数   これは間違いです。   チャンスをすべて成功に結びつけることは通常はできません…いや、そういう人もいるのかな😅 少なくとも私は失敗の数の方が圧倒的に多いです。 このチャンスは、平等でもありません。 そして私の経験的には実力や努力に比例するもの…でもまったくありません。   では、 何がそのチャンス……

怒りの原因を明確化する...

  自分が何に怒ってるのか、よくわからなくなることありませんか?   職場などで嫌なことがあって引きずっている場合、その嫌な気持ちを家にまで持ち込んでしまい、普段だったら怒らないようなことにイライラして、目の前の人に当たってしまったり…ありません??   私はたまにあります…… 相手からしてみたら完全なる事故で、被害者ですよ笑 自分の怒りの根本が……

1番優しく大切にすべきなのは誰か?...

あなたには大切な人がいますか?   大切な人って、人によって様々で、   両親 おじいちゃんおばあちゃん 旦那さん 奥さん 恋人 友達   とかかなって思います。   だから、私の人生は上記の人を中心に回ります。   なぜか?   私が死ぬ時にそばにいる人は、きっとここにあげた人達で、最大で6人くらいじゃ……

良い医療ってなに??...

SNSで不平不満が多いと情緒不安定な人なんだと感じるし、そのような方とは一緒に仕事したくないし、あまり任せられないと思っちゃいますね。   いろんな目的があるのでしょうが、自分頑張ってます!アピールは私のポリシーに反するところです笑   まぁ、良い食べ物とかばかりあげているSNSも同じように誰かのポリシーに反していたりするでしょうね笑 私はたぶん誰かにそう思われていま……

NEWS

view more