VES

VES

第20回「周術期の腎保護について探ってみた」まとめ

evidence

2020.05.15

第20回「周術期の腎保護について探ってみた」まとめ

獣医麻酔集中治療に関する論文の紹介です!

今回は腎保護、とくにドパミンってどうなの?🤔についてでした。

結局伝えたいことは、ドパミンそのものに腎保護作用は無いという事です❗️

確かに腎血流増やすし、尿量も増やすけど、それだけでは腎保護にはならないということでしたね😊

基本的な作用は以下です。

1〜3μg/kg/min

:ドパミン受容体による腎血流増加

4〜10 μg/kg/min

:β受容体による心拍出量の増加

10 μg/kg/min以上

:α受容体による血管収縮作用

といった感じで作用が変わりますね。

例えば、急性腎不全の犬🐶6歳齢

急性の嘔吐と食欲廃絶

もともと慢性腎臓病があり、術後急性増悪

   

心拍数160 bpm 呼吸数42 回 平均血圧75 mmHg

こんな状況だとしたら、まずは…輸液ですよね。私もそうします。心拍数や血圧以外にも、可視粘膜やCRT、皮膚テント、眼球陥没程度など、総合して判断しますが、余裕があれば心エコーなんかもいいですね。明らかな細胞外液低下を認めたらリンゲル液なんかを投与していきます。この血圧なら10ml/kg/hrで1時間投与して、再度評価してから最終的な投与速度を決めていきます👨‍⚕️

その結果、

心拍数120 bpm 呼吸数24 回 平均血圧77 mmHg

となりましたが、尿量0.5ml/kg/hrと渋い感じです😥心エコーでは心内腔十分ですし、細胞外液はそこそこ満たされています。

ヘマトクリットは48%→39%と血漿も増加しています。尿検査を見ると、顆粒円柱などが出ている所見はなく、急性尿細管壊死(今は呼び方変わりましたね)ではなさそう🤔

次の一手をどうするか…

こういう時にドパミン使ったりします‼️

「えー?腎保護作用無いんじゃないのー?😵」

はい、そうです!ないです!

慢性腎臓病の症例はもともと血圧が高くなっていたりして、自動調節能が右方変位していて、血圧70〜80mmHgだとまれに尿がでない症例もいます💨ですので、「昇圧」目的でドパミンを使用したりします❗️なので5〜7μg/kg/minですね💉

その結果、

心拍数100 bpm 呼吸数20 回 平均血圧92 mmHg 尿量3ml/kg/hr

と改善できました👏🏻

もちろんこのような事をしながら、時間経過とともに細胞外液量は常に評価することは忘れないでくださいね!👍

これはあくまでも一例ですが、参考になれば幸いです😊

結局、ドパミンによる腎保護作用ってなに❓

ドパミンは腎血流増やしますし、尿量も増やします。

これは事実です。

ただ、腎不全や透析を回避したり、生存率を改善するといった効果はないというだけです🙅‍♂️

というわけで、ドパミンは、あくまでも血圧を上げて灌流圧を上げた結果、腎血流と尿量が増加する。これを目的として使用するというのが、使い方としては正しいと思われます💮

急性腎不全で尿量を増やすため。腎血流を増やすため。

   

腎保護のため。

という理由として低用量ドパミンを使うということに関しては、あまり効果はなさそうです🧐

オンラインサロン

新着記事

第64回 獣医麻酔集中治療 若齢動物の麻...

  肝臓の機能     P450などのミクロソーム系は、生後3~4週で発達するようである   6週間もすると成年期の動物と同等の機能を有する   →基本的には肝臓代謝に依存しない薬物を使用する、あるいは拮抗薬のある薬剤ですね。     まあ、これは教科書にも書いてある基本的なところです。 ……

第38回『治らない発作をどうする🤔⁉️』...

あまり使用されない組み合わせのご紹介☝️     Ketamine-dexmedetomidine Combination and Controlled Mild Hypothermia for the Treatment of Long-Lasting and Super-Refractory Status Epilepticus in 3 Dogs S……

第37回『猫にバソプレシン使いました💉』...

「猫の治療抵抗性低血圧!ドパミン、ノルアド、ピトレシン使って離脱しました。そのあとに対称性皮膚壊死(SPG)を生じました」 FMS Open Rep. 2019 Suspected symmetrical peripheral gangrene in a cat. <トーク振り返り> 敗血症性ショックを離脱するために、   輸液 ドパミン:最大1……

第24回『重炭酸ナトリウム(メイロン)は...

獣医麻酔集中治療に関する論文の紹介です! さて、今回はよく質問されて、悩む重炭酸ナトリウム(メイロン)についてでした! Sodium bicarbonate therapy for patients with severe metabolic acidaemia in the intensive care unit (BICAR-ICU): a multic……

第25回『HES製剤(ボルベン)は生理食...

獣医麻酔集中治療に関する論文のご紹介です!   Effect of Hydroxyethyl Starch vs Saline for Volume Replacement Therapy on Death or Postoperative Complications Among High-Risk Patients Undergoing Major Abdominal Su……

第26回『人工呼吸管理された患者さんの気...

  獣医麻酔集中治療に関する論文紹介です! Critical Care Medicine. 46(12):2010–2017, DECEMBER 2018 「人工呼吸管理された患者が、気管挿管によってどれだけ喉頭傷害や上気道に問題を生じているか」 を調べた研究でした。   喉頭傷害 83% 中等度~重度傷害 13-31%   ……

時間軸が合わなくて、自己中心的な自分に反...

上には上がいることを大前提に、私も結構時間を大切にしていて、やりたいことを実践するために分単位でスケジュールを組んだりしています。   とくに、麻酔や集中治療、救急領域の仕事をしていると、分単位というより、秒単位で時間の大切さを感じたりします。   つまり、1秒早く治療できるだけで助かる命と助からない命があるという意味です。   この1秒の動きができな……

獣医師としての仕事について今一度考える...

さて、ゴールデンウィークが終わり、いつもの日常に戻りましたが、久々に休みらしい休みを頂き、定山渓温泉でのんびり本読んだりしていました。   今の私は獣医師であり、経営者でもあるのですが、1人の人としての在り方、また獣医師としての在り方を今一度考え直す時間ができた貴重な時間となりました。   私の人としての行動の原理原則は、人から尊敬されること、人の役に立つことですが……

GiverとTakerについて...

当たり前な話だし、色々なところで話されているし、本にもなってますね。   私はTakerとは関わりたくないと思っています。マイナスしかない。 残念なことにどうしても関わらざるを得ないTakerもいます。   大体は人や職場の悪口、やりもしない理想論を掲げ、周りを掻き乱す、口は達者だが実力はない、教えてもらえるのが当然、当たり前だと思っている。   こ……

日本のインフレ🇯🇵が止まらない件について...

皆さん毎日元気に過ごしてますか?😊   辛いこと、楽しいこともたくさんあると思いますが、たくさん働いているのに安い給料だ!なんて思ったりしてませんか?😅   まずは、自分のリミッターを外すことですが、小さな習慣を身につけることで、人生は大きく変わります。   でも知ってますか?   日本って諸外国と違って、ずーっと給料上がってないんですよ……

NEWS

view more