VES

VES

第38回『治らない発作をどうする🤔⁉️』まとめ

evidence

2020.05.26

第38回『治らない発作をどうする🤔⁉️』まとめ

あまり使用されない組み合わせのご紹介☝️

   

Ketamine-dexmedetomidine Combination and Controlled Mild Hypothermia for the Treatment of Long-Lasting and Super-Refractory Status Epilepticus in 3 Dogs Suffering From Idiopathic Epilepsy Daniela Gioeni et al. J Vet Emerg Crit Care (San Antonio). 2020

   

ジアゼパム、プロポフォールで離脱できなかった症例に対して

   

ケタミン1mg/kg, 1mg/kg/hr デクスメデトミジン3μg/kg, 3-7μg/kg/hr

     

で12時間管理、同時に、

 

軽度の低体温療法36.7〜37.7度

 

難治性特発性てんかんに対しての発作コントロールではどうするべきか、を検討してくれた報告です📄

   

基本的な注意点としては、

 

ケタミンが脳血流を増加させたり、脳圧を亢進させるリスクがあるということですね⚠️

 

大学院中にケタミン5mg/kg/hrで麻酔していたら、術後発作起こした症例もいて、これが脳圧を亢進させた結果なのか、直接的に発作を生じさせたかは不明ですが、事実として私の1症例として頭に入れています🧐

   

一方で、このような報告もあります。

   

Intensive Care Med (2018)44,2222-2224. Ten false beliefs in neurocritical care.

   

神経系ケアにおける誤った考えの一つとして、ケタミンが挙げられています。

 

鎮静された症例ではケタミンは脳圧を下げ、神経保護に働くようです🤔

 

ただこれは人の論文であり、さらに海外の報告です🌎

 

獣医療では論文的な報告は探せなかったのですが、専門医のセミナーでは難治性発作コントロールにケタミンを紹介していたりします💉

 

使用は個々の判断にはよりますが、難治性発作コントロールの一つとして選択肢にはなり得ると私は考えています🧐

新着記事

第64回 獣医麻酔集中治療 若齢動物の麻...

  肝臓の機能     P450などのミクロソーム系は、生後3~4週で発達するようである   6週間もすると成年期の動物と同等の機能を有する   →基本的には肝臓代謝に依存しない薬物を使用する、あるいは拮抗薬のある薬剤ですね。     まあ、これは教科書にも書いてある基本的なところです。 ……

第37回『猫にバソプレシン使いました💉』...

「猫の治療抵抗性低血圧!ドパミン、ノルアド、ピトレシン使って離脱しました。そのあとに対称性皮膚壊死(SPG)を生じました」 FMS Open Rep. 2019 Suspected symmetrical peripheral gangrene in a cat. <トーク振り返り> 敗血症性ショックを離脱するために、   輸液 ドパミン:最大1……

第20回「周術期の腎保護について探ってみ...

獣医麻酔集中治療に関する論文の紹介です! 今回は腎保護、とくにドパミンってどうなの?🤔についてでした。 結局伝えたいことは、ドパミンそのものに腎保護作用は無いという事です❗️ 確かに腎血流増やすし、尿量も増やすけど、それだけでは腎保護にはならないということでしたね😊 基本的な作用は以下です。 1〜3μg/kg/min :ドパミン受容体による腎……

第24回『重炭酸ナトリウム(メイロン)は...

獣医麻酔集中治療に関する論文の紹介です! さて、今回はよく質問されて、悩む重炭酸ナトリウム(メイロン)についてでした! Sodium bicarbonate therapy for patients with severe metabolic acidaemia in the intensive care unit (BICAR-ICU): a multic……

第25回『HES製剤(ボルベン)は生理食...

獣医麻酔集中治療に関する論文のご紹介です!   Effect of Hydroxyethyl Starch vs Saline for Volume Replacement Therapy on Death or Postoperative Complications Among High-Risk Patients Undergoing Major Abdominal Su……

第26回『人工呼吸管理された患者さんの気...

  獣医麻酔集中治療に関する論文紹介です! Critical Care Medicine. 46(12):2010–2017, DECEMBER 2018 「人工呼吸管理された患者が、気管挿管によってどれだけ喉頭傷害や上気道に問題を生じているか」 を調べた研究でした。   喉頭傷害 83% 中等度~重度傷害 13-31%   ……

第72回 麻酔集中治療医が考える膵炎⑧...

〇輸液投与速度がグリコカリックスに及ぼす影響   近年は輸液最適化を目指した輸液戦略のため様々なプロトコールが提示されており、医療では目標指向型輸液管理が重要視されている。これは大量輸液による合併症が数多く報告されたことによるが、輸液のボーラス投与もグリコカリックスの脱落を引き起こすことが知られている。犬を用いたSmartらの出血性ショックにおける研究では、大量晶質液投与がグ……

第71回 麻酔集中治療医が考える膵炎⑥...

【輸液製剤がグリコカリックスおよび微小循環に及ぼす影響】   急性膵炎の治療に関してコンセンサスが得られているものは輸液であり、治療の中心的役割を果たすと考えられている。 もちろん臓器に血液を供給することが大切なので、輸液だけで血行動態が保てなければ昇圧薬を使うこともある。   循環血液量が減少しているので、まずは細胞外液として生理食塩水やリンゲルなどを使用す……

第70回 麻酔集中治療医が考える膵炎⑤...

【微小循環とグリコカリックスの関係】   重症な急性膵炎を治療する中で輸液治療をするも症状が改善しない症例や、血圧などのバイタルサインは安定するものの、重度の代謝性アシドーシスが改善しない症例、消化管が全く動いておらず消化管内に多量の液体貯留を生じている症例などがいる。 これらの症例ではグリコカリックスが脱落することでマクロ循環が崩れ、微小循環に影響を及ぼしていると推察して……

第69回 麻酔集中治療医が考える膵炎④...

【血管内皮グリコカリックス】   血管内皮表面にはグリコカリックスとよばれる構造体が存在しており、血管内腔表面には、厚さ100 nm程度のゲル状の層が存在する。このグリコカリックスがsmall pore systemという水と溶質の血管内外の移動に関わるシステムの主体であることがわかった。アルブミンの直径が6-7 nmほどであり、グリコカリックスのふるい効果の閾値は7-8 n……

NEWS

view more